スイーツならサータアンダギー

素朴で懐かしさを醸し出す沖縄の味

沖縄のスイーツといえば、ちんすこうと並んで高い人気を誇るのがサータアンダギーです。最近は都市部でも沖縄物産展などで販売される機会が増えており、すっかりお馴染みのお菓子ですよね。その語源は砂糖(サータ)、油(アンダ)、揚げ(アギ)の沖縄の方言であることはあまり知られていないかもしれません。油で揚げた甘いスイーツでドーナツの様なお菓子ですが、独特の味わいがあり食べたら沖縄を思い出させてくれます。いつどこで食べても変わらない素朴な味でありながら、見かけたら食べずにはいられない気持ちにさせてくれるのが魅力と言えるでしょう。沖縄に行けばさまざまなところで出迎えてくれます。是非本場のサータアンダギーを味わってください。

変わらない良さを残しつつ工夫を凝らしたラインナップ

どこで食べても変わらない味わいを楽しめるサータアンダギーですが、地元沖縄では行く先々でそれぞれ工夫を凝らした味に出会うことができます。プレーンを初めてとして黒糖や紅イモ、コーヒーなどの味のバリエーションだけではなく、大きさも場所によって異なります。小と大の2種類から選べるお店もあり、それぞれ微妙に異なる味わいを楽しむことが可能です。また、販売される店舗もさまざまで、屋台風の露店で沖縄の雰囲気と共に素朴な味を楽しんだり、ちょっとオシャレなカフェで香り高いコーヒーと一緒に味わったりといろいろなサータアンダギーの魅力に触れることができます。素朴であるが故に工夫一つでいろいろな楽しみ方ができるのもサータアンダギーの魅力です。沖縄に行ったらお好みの味わい方を探してくださいね。

竹富島のツアーは、船でしか行く事が出来ないエリアという事もあって、長期にわたって過ごしたい方におすすめです。日中は牛車に乗れるツアーもあるので、島内巡りで使ってみると良いでしょう。