豚の角煮も美味

健康的で美味しい料理がたくさんある沖縄

近年60歳以上を対象にした健康寿命というキーワードがよく見られますが、これは60歳以上になっても病気になっていないだけでなく、しっかりと自身で歩いている状態を継続していることを意味します。その健康寿命を支えるのは運動だけでなく、やはり健康でありながら美味しい食事を取り続けることによる充実感です。沖縄は離島であったため、本土の意向を受けることが無かったことに加えて古来から中国や台湾、そして東南アジアと貿易をしていたことで独自に料理が発達して行った歴史があります。その代表格といえるのが食肉文化であり、江戸時代の日本では極力食肉を禁止していましたが、沖縄はその影響を受けず継続して食べていました。そのため、沖縄には色々な豚肉料理があり、その代表格なのがラフテーです。

沖縄料理ラフテーの魅力

ラフテーは人気家庭料理である豚の角煮の元祖であり、醤油とお酒を基本に豚肉を煮ることによって赤み部分は箸で簡単に切れるほど柔らかく、さらに脂身部分も良く煮込まれていることで余分脂分が抜けて後味が良く本来の甘みを楽しむことが出来ます。しかし、豚の角煮といっても本土のお惣菜として食べるのと比べてこってりしているのが特徴です。お惣菜の豚の角煮と沖縄のラフテーの違いは豚肉から違っていて、沖縄の豚肉は海風のミネラル分を含む穀物と雄大な土地で育つアグー豚を使用しています。そして、健康寿命を延ばすことに役立っている昆布を大量に使って出汁を取り、さらに沖縄の名産であるサトウキビから作られる黒糖と泡盛を使用することでラフテー独特のこってりとした甘みと泡盛の酵母による柔らかさが実現します。

久米島のツアーは、リゾートホテルに泊まれるプランもあるので、豪華に過ごしたい場合は使ってみるのがおすすめです。